証券コード:8985
  1. HOME
  2. JHRについて
  3. ご挨拶

ご挨拶

執行役員 増田 要

 平素は、ジャパン・ホテル・リート投資法人及びその資産運用会社であるジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズ株式会社に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 本投資法人は、この度、第19期(2018年1月1日~2018年12月31日)の中間決算を迎えることができましたので、運用状況の概要等につきましてご報告申し上げます。
 
 当中間期におきましては、国内旅行者による宿泊需要が底堅く推移する中、訪日外国人(インバウンド)旅行者の増加が継続し、本投資法人を取り巻く環境は概ね良好でした。本投資法人の保有ホテルに関しては、東京、大阪等一部の地域においてホテルの新規供給や民泊の影響により業績の鈍化がみられたものの、主要地方都市の多くのホテルは宿泊部門を中心に業績が向上しました。
 当中間期の業績に関しましては、変動賃料等を導入しているホテルの業績向上に伴う賃料増加等により、営業収益12,321百万円、経常利益6,387百万円、中間純利益6,387百万円を計上することができました。
 分配金につきましては、本投資法人は1年間の利益に基づいて実施しておりますので、本中間決算に基づく分配金の支払いはございません。当期1年間の1口当たり分配金は、中間決算後に行なった物件売却に伴う譲渡益からの加算額を含め、3,890円(前期比+5.6%)を見込んでおります。なお、本予想分配金はあくまで現時点までの運用状況に基づく予想であり、実際の1口当たり分配金は今後の運用状況により変動しますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

 本投資法人は資産運用会社と共に、本投資法人の更なる成長と魅力の向上に全力で取り組んでおります。また、中長期的なサステナビリティ向上の観点から、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関わる諸課題に積極的に取り組んでいます。投資主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。