証券コード:8985
  1. HOME
  2. JHRについて
  3. ご挨拶

ご挨拶

執行役員 増田 要

投資主の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は、ジャパン・ホテル・リート投資法人に関しまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
本投資法人は、この度、第18期(平成29年1月1日~平成29年12月31日)の中間決算を迎えることができましたので、運用状況の概要等につきましてご報告申し上げます。
 
当中間期における本投資法人を取り巻く環境につきましては、日本人の底堅いレジャー需要に加え、訪日外国人旅行者(インバウンド)の増加が継続しています。一部の地域においてホテルの新規供給や民泊の影響は見られるものの、国内外のレジャー需要の増加を背景に、当中間期では本投資法人が保有する多くのホテルで宿泊部門を中心に業績が向上しました。変動賃料等を導入しているホテルにおける業績の向上に伴い、本投資法人が受領する変動賃料等も増加しました。
外部成長につきましては、本年6月の公募増資により調達した約186億円と新規借入金150億円にて、「ヒルトン成田」、「インターナショナルガーデンホテル成田」並びに「ホテル日航奈良」の合計3物件(合計取得金額326億円)を取得しました。いずれもそれぞれの市場において競争力の高い大型フルサービスホテルです。これらのホテルの取得により、本投資法人の資産規模(取得価格合計)は3,194億円になりました。
当中間期の業績に関しましては、保有ホテルの売上増加や経費削減等による変動賃料収入の増加等により、営業収益11,272百万円、経常利益5,951百万円、中間純利益5,951百万円を計上することができました。
分配金につきましては、本投資法人は1年間の利益に基づいて実施しておりますので、本中間決算に基づく分配金の支払いはございません。
当期1年間の1口当たり分配金は3,590円(前期比+5.0%)を見込んでおります。なお、本予想分配金額はあくまで現時点までの運用状況に基づく予想であり、実際の1口当たり分配金は今後の運用状況により変動しますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

インバウンドや国内旅行者の増加は、日本の観光産業を成長させ、また、ホテル収益を向上させる原動力になっています。日本最大のホテル特化型リートである本投資法人は、その資産運用会社と共に、本投資法人の魅力をさらに高めるべく努めてまいります。
投資主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。